Foster Salon . japan

[report.016] サロンイベント

譲渡会★オレンジチャンスが開催されました

今年で3年目の開催です

譲渡会★オレンジチャンスでは、毎回ステキなご家族との出会いによって新しい生活をスタートさせた 卒業犬達の『幸せを繋ぐ』きっかけとなった譲渡会でもあります。
昨年までは年1回の開催でしたが、今年はなんと初の試みとなる春、秋の年2回開催しました!

秋の譲渡会は先日10月15日(日)10時から15時、前回と同じく荒川区役所あらかわ展示場で 開催されました。 当日はお天気が不安定で肌寒い1日でしたが、開場前から入口には多くのご来場者がお越しになり、 こちらの心配をよそに嬉しいスタートとなりました。 今回の譲渡会では新たにセミナーも開催され、飼養前講習や各参加動物紹介の時間を経た後、 譲渡会が開催されるながれとなり、飼養前講習ではシンデレラプロジェクト副代表及びGOGOGROOMERS代表の猪野氏の講習にご来場始め、参加者の方々もじっくりと耳を 傾けていたのが印象的でした。

「こんなに可愛い子達がなぜ保護されてしまうの?」

今回の参加動物は保護犬6頭、保護猫1頭。掲示されているそれぞれのプロフィールにじっくりと目を 通される方、参加犬を家族として迎える事を真剣に考えているご家族の方々が各エリアで見受け られる中、あるご来場者より、 「最近は保護されている動物を迎える選択肢があるけれど、こんなに可愛い子達が保護されるように なってしまうのはなぜ?」 というご質問が上がりました。

保護犬・保護猫という言葉の存在は段々と認知されつつありますが、保護に至るまでの経緯を耳にする機会が少ないとういのが現状なのかもしれません。 参加している犬達の背景を交えながらご説明すると、ご来場者様それぞれの想いを語ってくれる 場面もあり、それぞれが真剣に動物達と向き合う姿勢に嬉しく感じました。 また、ご自身にアレルギーがあり動物を迎える事は難しいけれど、このような活動や動物を迎える時の 選択肢として保護動物を迎える選択がある事を身近な人に教えてあげたい…という心温まるお話も 伺え、保護活動だけでなく啓発活動にも繋がっていきました。

今回、雨天にも関わらず132名ものご来場者数となりました。また、参加犬のトライアル希望が1件。 現在、トライアルをスタートし、バックアップ体制万全でご縁が繋がるよう見守っています。 1頭でも多くの保護動物が、新しいご家族と輝きある新たな生活をリスタートできるよう、引き続き メンバー全員、熱い想いを持ってサポートしていきたいと思います。