Foster Salon . japan

[Story.10] やすお君ご家族

やすお君という家族が増えたことで、家族の会話も増え毎日楽しく過ごしています。

< 出会ったきっかけ >

「やすお君とは、荒川区役所で開催された「社会教育関係団体with」主催の「犬猫譲渡会」で初めて出会いました。その譲渡会にはシンデレラプロジェクトとゴーゴーグルーマーズなどの団体も参加していました。今まで、他の様々な譲渡会にも行ったことはありましたが、実際にトライアルまで進むような出会いはありませんでした。しかし、その譲渡会では、やすお君という存在がとても気になりました。

< 引き取るまでの経緯 >

荒川譲渡会の翌日、どうしてもやすお君が気になり、WANBO西日暮里店まで直接会いに行きました。その後何度か会いに行き、トライアルに向けての話が進みました。

ところが、ひとつ大きな問題がありました。その当時、やすお君は抱っこされることがとても苦手で、私たちの住むマンションの部屋まで抱えて運ぶことができなかったのです。マンションの廊下などの共用部分は犬が歩くことは禁止されています。そこで、WANBOさんがいろいろ方法を考えて、「やすお君を台車に乗せて運ぶ」方法を提案してくださいました。無事トライアルを始めることができ、散歩に行くときは、部屋からエントランスまで台車に乗って移動し、外に出ることができました。やすお君自身の努力もあったと思います。今では、散歩に行くのを台車の上でちゃっかり待っているほどです(笑)

トライアル中も、WANBOの方々から本当に多くのアドバイスをいただき、いろいろな不安も解消できたことで、実際にやすお君と一緒に生活していくことを意識しました。

< 引き取ってからの様子 >

実際にトライアルから家族になり、本格的に一緒に暮らすようになったことで、いろいろなことが改善されました。以前は、私たちが食事をするときや、一人でお留守番するときは、ずっと吠えていたやすお君ですが、今では大人しく待っていてくれるようになりました。あれだけ食いしん坊で寂しがり屋だったやすお君が、今は私たちに合わせて生活してくれています。苦手だっただっこもできるようになってきました。少し困ったことは、拾い食いをしてしまうところです。食いしん坊だからしょうがないのですが、少しずつ改善してくれればよいと思います。

< これからの事 >

やすお君という家族が増えたことで、家族の会話も増え毎日楽しく過ごしています。また、マンション内でも(台車で移動するため)有名犬になり、知り合いもたくさん増えました。これからは、一緒に過ごす時間を大切にして、たくさんの思い出をお腹いっぱい共有していきたいと思います。やすお君と私たちが出会って家族になるまでに、関わっていただいた関係者の方々に心より感謝いたします。これからも、私たちのような幸せな家族が増えること、その機会を提供し続けていただくことを期待して、フォスターサロンの活動を応援させていただきます。